日本プラスチック加工研究会

TOP 沿革とご案内 年間テーマ 理事会 お問合せ 長谷川会長レポート 写真提供

TOP>長谷川会長レポート






                                          
2016年度 上海チャイナプラス 視察方国(2016.05)
2015年度 プラスチック加工研究会全国大会(2015.11)
第29回チャイナプラス 視察団報告書(2015.07)
第28回チャイナプラス報告(2014.05)
2014年度プラスチック産業の行方(2013.10)
チャイナプラス2013 視察報告(2013.06)
プラスチック加工企業の最適進出国比較(2013.03)
第二回ベトナムプラスチック加工人材育成セミナ開催(2012.07)
日本製造業の海外進出の現状 (2012.06)
韓国スーパーエンプラ事情 (2012.05)
チャイナプラス 2012視察報告 (2012.04)
ベトナムプラスチック視察団報告 (2011.05)
第25回チャイナプラス(広州)視察と広東状況 (2011.05)
カンボジャ現状視察団報告書 (2011.03)
ベトナムプラスチック産業の現状と日本-べトナ共同開発第4回(2011.01)
「プラスチック製品への加飾化技術」の概要 (2008.8)
チャイナプラス2008と浙江省プラスチック事情 (2008.6)
世界第3位の規模に成長した「チャイナプラス2008」国際プラスチック・ゴム見本市は上海でこれまで最大の規模で開催された。筆者はこの見本市と浙江省のプラスチック関連企業を数社視察してきたので、最新情報をレポートする。
最新インド・プラスチック事情と問題点-PLAST VISION INDIA2007を視察して- (2008.1) 
21世紀のアジア経済は、日本、中国、インドの三国が拮抗して行く時代となろう。後発のインドは、これから生産・需要が飛躍する国だけに、日本企業も今のうちに現地の研究に力を入れ、コネクションを確立するのが賢明である。本稿では、最近の現地取材から、インドの現状と問題点についてレポートした。
K2007を中心に-欧州プラスチック・ゴム視察団レポート- (2007.12)
3年に1回ドイツのデュッセルドルフで開催される世界最大のプラスチック・ゴム国際見本市「K2007」は、これまでの入場者数及び出品者数を更新する盛況であった。内容的には成形機械、加工機械に見どころが多かったが、原材料についても、大手のGEプラスチックスがSABICに吸収されるなど再編の動きが活発で、10年前と比べると大きな変化がある。その変化の先に、今後の世界のプラスチック産業の行くべき方向を考えてみたい。
中国プラスチック産業の現状と将来のリスク対策 (2007.11)
今後大きく躍進しようとしている中国プラスチック産業の現状について、問題点を細かく解説し、また将来懸念されるリスクへの対策についても考察する。中国との商売、交流を実現していくために必読の文献である。
南東ヨーロッパ諸国の経済発展とプラスチック・ゴム工業 (2007.11)
南東ヨーロッパ諸国についてはわが国ではあまり情報が知られていないが、筆者は本年ギリシャ、ブルガリア、ルーマニア、トルコを視察・調査した。また、ドバイを訪問し、現地で開催されたプラスチックセミナーに参加したので、レポートする。
長谷川正の世界の見本市見て歩る記 (海外見本市レポート)
-チャイナプラス 2007と華南プラスチック状況
- (2007.7)
中国で最大級のプラスチック・ゴム国際見本市「CHINAPLAS 2007」は欧米日から数多くの出品が見られたが、一方で現地メーカーの進歩もいちじるしく、競合が激化していた。
日本のプラスチック産業の生き残り戦略
-10年の社会変化に対するプラスチック産業の技術対応
-
(2007.7)
これからの10年間、アジアの社会構造はドラスチックに変化して行く。特に年代による人口構成は日中韓インドで大きく異なる。日本は最高齢化の社会となる。それらを戦略的に見通して、わが国プラスチック産業の生き残り戦略を考える。
長谷川正の世界の見本市見て歩る記 (海外見本市レポート)
ベトナム プラスチック展 2007
-成長著しいベトナム・プラスチックの最新状況-
(2007.5)
3月に開催されたベトナム プラスチック展を視察し、あわせて現地企業を数社訪問してきた。現地は中国の10年前を思い出させる熱気であり、今が進出のチャンスと感じた。
長谷川正の世界の見本市見て歩る記 (海外見本市レポート)
ENTSORGA2006
-世界最大の環境・廃棄物処理展から
- (2007.2)
ドイツで開催される「エントゾルガ」は世界最大級の環境見本市。展示の内容は、地球規模での環境問題に対する政策的な展示から、個別のごみ処理対策用品まで広範囲にわたり、日本の環境対策を考える上でも参考になった。ここではプラスチック関連、新エネルギー関連の出展を紹介する。
2006名古屋プラスチック工業展レポート〈その1〉 (2007.1) 
2006年11月に開催された名古屋プラスチック工業展は、わが国射出成形機メーカーのほとんどが出品するなど過去最大の規模となり、見どころが多かった。射出関連を中心にその概要をレポートする。


インドレポート(2003) タイレポート(2006)
中国レポート(2005) ベトナムレポート(2006)
オーストラリアレポート(2006)
イタリアレポート(2006) ヨーロッパレポート(2006)
中央EUレポート(2006) ロシアレポート(2006)


2007ベトナムプラスチック展印象記 2006名古屋プラスチック工業展レポート
国際廃棄物処理世界環境対策展示
-エントゾルガ2006印象記-
中国最新プラスチック事情
-Chinaplas2006印象記-
2005日本のプラスチック業界展望 2005ナノテクノロジー
プラスチック業界への応用
2004k2004レポート


    
ページトップへ

TOP 沿革とご案内 年間テーマ 理事会 お問合せ 長谷川会長レポート 写真提供

【HP運営】
水永 敦(中部)有限会社 ケイ・アイ・ティー
TEL:052-385-8911 FAX:052-385-9143
Email am@pla-kit.com
HP  http://www.pla-kit.com